フルーツ栽培日記Blog

「未分類」の投稿一覧

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2024年01月04日

あけましておめでとうございます。
皆様方におかれましては、新春を晴々しい気持ちでお迎えのこととお慶び申し上げます。

元旦に起きました能登半島地震におきましては能登半島、北陸地域にいらっしゃる方々は大きな被害に遭われたこと、お見舞い申し上げます。状況が少しずつ分かってきて甚大な被害になっていることに心を痛めます。一日も早い復興を願います。

山形県鶴岡は雪の少ない正月を迎えております。
2024年も、より一層のご支援を賜りますよう、社員一同心よりお願い申し上げます。

安野農園

ラフランスの販売スタートです!

2023年10月28日

いつも安野農園をありがとうございます。

秋も深まり紅葉がきれいな季節となりました。

今年も

山形県産ラフランスの販売解禁になり安野農園でも主力のラフランスを全国の皆様にお届けしてまいります。

安野農園のラフランスは長年の栽培経験を活かして大玉に育てており、6Lから2Lサイズと幅広いサイズをご用意しております。

またラフランスの食べ頃がわかりづらいというご意見から食べ頃を記したの紙を同封し、お客様に届いてから美味しくお召し上がって頂けるように心掛けております。

たくさんのお客様に美味しくラフランスを食べて頂けるよう頑張ってまいります。

たくさんのご注文心よりお待ちしております。

ラフランスの収穫がスタートします!

2023年09月25日

いつも安野農園をありがとうございます。

豊水もたくさんのお客様にご注文ありがとうございました。

出荷も残りわずかとなり、いよいよ10月よりラフランスの収穫がスタートします。

今年は猛暑の影響で夏の栽培にはかなり難儀をしましたが何とか夏を乗り越えたラフランスが収穫できそうです。

たくさんの皆さんに安野農園のラフランスをお届けできるよう頑張って参ります。

たくさんのご注文心よりお待ちしております。

㊇安野農園

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2023年01月23日

あけましておめでとうございます。
皆様方におかれましては、新春を晴々しい気持ちでお迎えのこととお慶び申し上げます。

旧年中は、格別のご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。
2023年も、より一層のご支援を賜りますよう、社員一同心よりお願い申し上げます。

 

安野農園

新年のあいさつ

2022年01月01日

あけましておめでとうございます。
皆様方におかれましては、新春を晴々しい気持ちでお迎えのこととお慶び申し上げます。

旧年中は、格別のご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。
2022年も、より一層のご支援を賜りますよう、社員一同心よりお願い申し上げます。

 

安野農園

和梨についてのブログ①

2021年10月29日

ナシ和なし日本なし)は、中国を原産とし日本の本州、四国、九州、中国や朝鮮半島台湾島に生育する野生種ヤマナシ(ニホンヤマナシ、P. pyrifolia var. pyrifolia )を基本種とする栽培品種群のことである。

高さ15メートルほどの落葉高木。葉は長さ12cm程の卵形で、縁に芒状の鋸歯がある。花期は4月頃で、葉の展開とともに5枚の白い花弁からなるを付ける。8月下旬から11月頃にかけて、黄褐色または黄緑色でリンゴに似た直径10 – 18センチメートル程度の球形の果実がなり、食用とされる。果肉は白色で、甘く果汁が多い。リンゴやカキと同様、尻の方が甘みが強く、一方で芯の部分は酸味が強いためあまり美味しくない。しゃりしゃりとした独特の食感がナシの特徴だが、これは石細胞と呼ばれるものによる[2]。石細胞とは、ペントサン英語版リグニンという物質が果肉に蓄積することで細胞壁が厚くなったものである[2]。洋なしは和なしよりも石細胞の量が少ないために、洋梨と和梨とでは食感に大きな差が生じる。

野生のもの(ヤマナシ)は直径が概ね2 – 3センチメートル程度と小さく、果肉が硬く味も酸っぱいため、あまり食用には向かない。ヤマナシは人里付近にしか自生しておらず、後述のように本来日本になかった種が、栽培されていたものが広まったと考えられている。なお、日本に原生するナシ属にはヤマナシの他にもミチノクナシ(イワテヤマナシ) (Pyrus ussuriensis var. ussuriensis) 、アオナシPyrus ussuriensis var. hondoensis、和なしのうち二十世紀など果皮が黄緑色のものを総称する青梨とは異なることに注意)、マメナシ (Pyrus calleryana) がある。

和梨についてのブログ②

2021年10月23日

ナシ和なし日本なし)は、中国を原産とし日本の本州、四国、九州、中国や朝鮮半島台湾島に生育する野生種ヤマナシ(ニホンヤマナシ、P. pyrifolia var. pyrifolia )を基本種とする栽培品種群のことである。

高さ15メートルほどの落葉高木。葉は長さ12cm程の卵形で、縁に芒状の鋸歯がある。花期は4月頃で、葉の展開とともに5枚の白い花弁からなるを付ける。8月下旬から11月頃にかけて、黄褐色または黄緑色でリンゴに似た直径10 – 18センチメートル程度の球形の果実がなり、食用とされる。果肉は白色で、甘く果汁が多い。リンゴやカキと同様、尻の方が甘みが強く、一方で芯の部分は酸味が強いためあまり美味しくない。しゃりしゃりとした独特の食感がナシの特徴だが、これは石細胞と呼ばれるものによる[2]。石細胞とは、ペントサン英語版リグニンという物質が果肉に蓄積することで細胞壁が厚くなったものである[2]。洋なしは和なしよりも石細胞の量が少ないために、洋梨と和梨とでは食感に大きな差が生じる。

野生のもの(ヤマナシ)は直径が概ね2 – 3センチメートル程度と小さく、果肉が硬く味も酸っぱいため、あまり食用には向かない。ヤマナシは人里付近にしか自生しておらず、後述のように本来日本になかった種が、栽培されていたものが広まったと考えられている。なお、日本に原生するナシ属にはヤマナシの他にもミチノクナシ(イワテヤマナシ) (Pyrus ussuriensis var. ussuriensis) 、アオナシPyrus ussuriensis var. hondoensis、和なしのうち二十世紀など果皮が黄緑色のものを総称する青梨とは異なることに注意)、マメナシ (Pyrus calleryana) がある。

おかいものガイド

お支払い方法
支払い方法
クレジット決済
クレジットカードの5大国際ブランドに対応。
カード
リボ払い/分割払い対応
3Dセキュア( 本人認証サービス) 対応
配送について
送料無料

配送業者 郵便局
お届け日 ご注文から5営業日以内

【お届け時間帯】ゆうパック

営業日カレンダー
2024年 6月
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6

定休日

Instagram
インスタグラムフィードが入ります。
このページのトップへ