㊇安野農園について

㊇安野農園のこだわり

㊇安野農園の歴史

安野農園の歴史 安野八郎兵衛物語

鶴岡市東荒屋に位置し北には鳥海山、南に月山、西に金峰山が見える自然豊かな場所に位置します。
歴史は江戸時代からの記録がある我が家です。
安野農園の㊇は屋号の八郎兵衛の頭文字からマルハチです。
当地区は近くに一級河川の赤川が流れ、砂質で水はけの良く、古くから果樹に適した土地柄で果物栽培が盛んな地域でもあります。
歴史を辿ると昭和初期、現農園主の曾祖父の父、(安野菊治)が稲作だけでは農家経営は不安定と考え、田んぼ以外で収入のある果樹(梨)を植えるという結論に至り、昭和9年に和梨、洋梨を植えたのが始まりだと聞いています。その後、曾祖父が思いを引き継ぎ、昭和56年に和梨の栽培面積を12haから70haへと大規模造成を地域一丸で行い現在も果樹園の広がる地域です。

その後祖父母が引き継ぎ、メロン栽培や日本梨(幸水・豊水)の大玉栽培に取り組み、栽培技術を向上させ1キロ近い大玉を作ることに成功させました。
その後祖父母の思いを受け継ぎ、現在桃、和梨、洋梨、りんごと一年を通じて美味しい果物をお客様にご提供できる農園に育て、これからも発展させていきたい思いです。

  • 安野農園のある場所

    山形県鶴岡市(旧櫛引町)で現在は桃、和梨、洋梨、りんご、を栽培しております。

    庄内地方の鶴岡市は四季の移りがはっきりした土地で山、川、海、田園のある自然豊かな土地です。『食の都庄内』と呼ばれるほど食文化が発展しており美味しい食材が豊富です!

  • 安野農園のこだわり

    こだわりは安心で安全をモットーに農薬散布の徹底した管理、記録を行い、できる限り減農薬に努めております。

    畑の8割に有機肥料〔100% 有機〕を施し土づくりを行うことで食べて美味しさを感じて頂ける園地づくりを行っております。樹は一本一本性質や性格が違います。
    その樹にあった日当たりの良い剪定を行い、樹を若返らせ、葉を大切にすることが味の良い糖度の高い果実が実ります。

  • みなさまへ

    そして果樹農業は永年作物なので一年や二年では実りません。

    四季を通じて色々な作業を経てじっくりと育て美味しい果実を実らせ、お客様に喜んで頂ける仕事はとてもやりがいを感じ、また励みにもなっています。

おかいものガイド

お支払い方法
支払い方法
クレジット決済
クレジットカードの5大国際ブランドに対応。
カード
リボ払い/分割払い対応
3Dセキュア( 本人認証サービス) 対応
配送について
送料無料
配送業者 郵便局
お届け日 ご注文から5営業日以内

【お届け時間帯】ゆうパック

営業日カレンダー
2024年 3月
25
26
27
28
29
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6

定休日

Instagram
インスタグラムフィードが入ります。
このページのトップへ