フルーツ栽培日記Blog

和梨についてのブログ①

2021年10月29日

ナシ和なし日本なし)は、中国を原産とし日本の本州、四国、九州、中国や朝鮮半島台湾島に生育する野生種ヤマナシ(ニホンヤマナシ、P. pyrifolia var. pyrifolia )を基本種とする栽培品種群のことである。

高さ15メートルほどの落葉高木。葉は長さ12cm程の卵形で、縁に芒状の鋸歯がある。花期は4月頃で、葉の展開とともに5枚の白い花弁からなるを付ける。8月下旬から11月頃にかけて、黄褐色または黄緑色でリンゴに似た直径10 – 18センチメートル程度の球形の果実がなり、食用とされる。果肉は白色で、甘く果汁が多い。リンゴやカキと同様、尻の方が甘みが強く、一方で芯の部分は酸味が強いためあまり美味しくない。しゃりしゃりとした独特の食感がナシの特徴だが、これは石細胞と呼ばれるものによる[2]。石細胞とは、ペントサン英語版リグニンという物質が果肉に蓄積することで細胞壁が厚くなったものである[2]。洋なしは和なしよりも石細胞の量が少ないために、洋梨と和梨とでは食感に大きな差が生じる。

野生のもの(ヤマナシ)は直径が概ね2 – 3センチメートル程度と小さく、果肉が硬く味も酸っぱいため、あまり食用には向かない。ヤマナシは人里付近にしか自生しておらず、後述のように本来日本になかった種が、栽培されていたものが広まったと考えられている。なお、日本に原生するナシ属にはヤマナシの他にもミチノクナシ(イワテヤマナシ) (Pyrus ussuriensis var. ussuriensis) 、アオナシPyrus ussuriensis var. hondoensis、和なしのうち二十世紀など果皮が黄緑色のものを総称する青梨とは異なることに注意)、マメナシ (Pyrus calleryana) がある。

和梨についてのブログ

関連商品

おかいものガイド

お支払い方法
支払い方法
クレジット決済
クレジットカードの5大国際ブランドに対応。
カード
リボ払い/分割払い対応
3Dセキュア( 本人認証サービス) 対応
配送について
送料無料

配送業者 郵便局
お届け日 ご注文から5営業日以内

【お届け時間帯】ゆうパック

営業日カレンダー
2024年 3月
25
26
27
28
29
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6

定休日

Instagram
インスタグラムフィードが入ります。
このページのトップへ